知っていますか!?心臓病治療後の生活と心臓リハビリ

5月 27, 15 • 未分類知っていますか!?心臓病治療後の生活と心臓リハビリ はコメントを受け付けていません。Read More »

心臓の病気にもリハビリがある

心臓リハビリと聞いて何をイメージするでしょうか。リハビリというと脳卒中後や整形外科の手術後に動かない身体の一部分を訓練して少しでも動くようにすること等が思い浮かぶ人がおそらく多いでしょう。まず、知る必要があるのは心臓の病気にもリハビリがあるということで、それは自分の病気を理解した上で、運動療法やストレス管理、食事や薬物療法などによって病気と前向きに向き合い自分の心臓の許容範囲でどこまで元気になれるかをリハビリスタッフと共に一緒に探す作業になります。

生命予防改善効果も!?

健康な人でも身体を動かさなければ息切れがしやすくなり、階段を上がるのが億劫になってきたりしますね。しかし、少しでもウォーキングや筋力トレーニングを続けることによって若々しい生活を送れるようになるでしょう。これは、心臓病を抱えている人でも同じことで身体の状態をきちんと評価したうえで、心臓の安全を確認しながらトレーニングすることによって、生命予防改善効果や生活機能を向上させる効果が期待でき、いつまでも元気に長生きすることができるようになってきます。また、身体が元気になれば気持ちも元気になっていって心臓リハビリはメリットが多いといえるでしょう。

心臓リハビリで一病息災

社会の高齢化と共に心臓病の患者さんの高齢化も進んでおり、現代の高い医療技術で病気はよくなるものの、いつまでも元気が出ないという人もいるのです。病気をきっかけに、抑うつや不安が生じることによって、引きこもりや寝たきり状態になってしまう人が特に高齢者に多くいます。ですが、メリットの多い心臓リハビリですが、日本ではまだ普及が進んでいないのが現状です。病気をきっかけに塞ぎがちにならないように、リハビリをはじめて胃一病息災としていきましょう。

大動脈弁口が狭まることで、血液が全身へ送り出されにくい状態になる疾患を「大動脈弁狭窄症」と言います。

Comments are closed.